2009.03.17

帰ってきたりして

Hi340114_2


Hi340115_2

夢のような5日間を経て、朝から洗濯物と格闘し、日常生活に戻っております。ええ旅でした。実感としては、リアルにあと1日沖縄にいてたら社会復帰できないラインまで行ってたと思われます。今回向日で出会った人の中にも、住み込みで1年限定滞在の予定が3年経ってます、って人もいたし。。

今回、本島以外に行くのは初めてだったんだけども、かなり天候に恵まれていたと思う。テレビや雑誌でみる風景に出会うには、同じ場所でも天気が良いか悪いかで180度違う事を実感した。当たり前のような事やけど、海の色も写真のように見えるのは天気がいいからで、ちょっとでも曇ってるとあそこまでの色にはならない。
雨や風の影響で予定していた島にも行けない可能性もあったので、本当にラッキーな旅でした。

細かい事書き出すときりがないのでこの辺で。ま、気が向いたら書いていこう。
あ、ちょっとした事やけども、港の海の色もいちいちきれいなんよね。で、どっかでこの色の感じ見た事あるなーと思って考えてたら、映画村にある恐竜が出てくる池の色と一緒のエメラルドグリーンや、と思い出して、なんか複雑な気分になった。

おいといて、写真は御神崎の別写真と、波照間でレンタサイクル(電動)に乗る俺。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.15

願いかなう

願いかなう
願いかなう
願いかなう
願いかなう
願いかなう
朝起きるとまだ寒くて、雲が厚い。
けどあきらめきれないので港に行く。すると、次第にするすると雲は流れ、気温も上がり、絶好の沖縄日和に。
少し並ぶも波照間行きのチケットがとれた、
波照間は日本最南端の島。レンタルした自転車でそのポイントへ。

最高です!

空がきれいすぎる。
竹富もそうだけど、ドラクエっぽい
街並みがそうなのかと思ったけど、車や看板がない具合がそうおもったんやろね、
何しか海がきれいすぎた。
今まで見た海の中でダントツで1位です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.14

竹富島上陸

竹富島上陸
竹富島上陸
竹富島上陸
竹富島上陸
竹富島上陸
日本最南端の島、波照間に行く予定だったけど、海が荒れていて船が出ない事が判明。1泊しようと思っていたので、計画の変更を。
結果竹富島に日帰りで行くことにした、が、寒い!
船はでたものの、転覆するんじゃないかってくらいの大荒れで見事に撃沈。
竹富を真冬の格好で通り過ぎて帰ってきた。
戻ってきて食べた石垣牛のハンバーグかめちゃくちゃうまかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.13

最北端

最北端
最北端
最北端
ここは完全に日本じゃないね。
最北端平久保に行きました。

帰りたくなーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海きれい

海きれい
海きれい
海きれい
海きれい
御神崎灯台

と、そこからの眺め
天気良すぎてあっつい!半袖短パンでも汗かくくらい。けど気持っちえー。

八重山そばは薩摩揚げ(天ぷら)がのっている。
うまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石垣島初体験

石垣島初体験
石垣島初体験
石垣島初体験
石垣島初体験
初上陸
石垣空港思ってたよりちいさい。雰囲気的は西向日駅。

石垣牛焼き肉のあとイカスミ焼きそば。
今回も太りそうな予感。

今日は石垣散策。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

那覇到着

那覇到着
気がついたら沖縄にいた。
ほんとにそんな感じ。
寝不足が続いてたので、いくら寝ても足りない具合で、更なる飛行機待ち。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.05.16

泡盛一気買い

070503_22230001最近、泡盛ばかりである。

一気に3〜4本買って1ヶ月を過ごす。

で、さすがに重いので送ってもらう。

そして、こないだは沖縄から直送してもらった。

やっぱ、味が全然違うので面白い。

そして、送ってもらった段ボールの中にはクッションとして

「沖縄タイムス」

が入っていた。

こいつらホンマに沖縄から来たんやなぁ

と思う一瞬である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.16

沖縄人の失敗

060611_19580001まだ写真があった。

「泡盛ホドル」

単に間違ったのか、

「ホドル」って泡盛があるのか、

ま、前者ですな。

そんなに話が広がらないのでボツにしたのを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.29

沖縄を持ち帰る

060617_23450001見てる人は飽きているかもしれないが、今月中はこのネタで。

ちょっと前まではビール→芋焼酎だったのが、
最近ではめっきりビール→泡盛になっている。

で、旅行中も泡盛ばっかり飲んでいた訳だけれども、沖縄から出ていない泡盛がいっぱいある事がわかった。
最近では本土のコンビニでも、酒類が充実している店舗もちらほら。
けど、沖縄のコンビニのほとんどで泡盛が買えてしまう。しかも結構充実している。
本土ではあって「久米仙」「菊之露」「残波」くらいだけど、それ以外にもある。

今回、自分用のお土産に泡盛を買いに試飲出来る店に行ったんだけど、これ又ビックリ。
全国の焼酎と同じくらいの種類があるんじゃなかろうか?と、思うくらいに沖縄には泡盛がある。
しかもほとんど知らない銘柄。
それをじっくり試飲して選び抜いた3本。
「濁」…アルコール度数も高く、攻撃的。値段の割に純度が高く感じれる。
「美ら蛍」…3本の中で1番飲みやすいタイプ。日本酒の様なまったりした味わいがある。
「南光」…別名べかこ(嘘)半分名前で選んだが、これも又攻撃的。

基本2000円以下のモノです。
全く飲みやすいって視点からは選んでなく、どれもガツンとくる一品。

ちなみに本土で買える泡盛では「菊之露ブラウン」が1番好き。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧